保険って必要?何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

QaitoQaito
Q

保険料は手取りの3%〜5%が目安にするのが良いという意見があるようですが、どのくらいの保険料が適切なのでしょうか。

A
手取りの3%〜5%という数字はあまり根拠がないように思います。会社員なのか自営業かによっても、掛け捨てなのか解約返戻金がある保険なのかによっても保険料は異なります。
詳しく解説します

必要な保障を確保した上で、保険を掛けすぎないように合理的に加入すべきと考えますが、手取りの3〜5%を目安にという数字はあまり根拠がないように思います。保険料は人それぞれだからです。

例えば、自営業は国民年金のため、厚生年金である会社員に比べて、遺族、障害、老齢年金が少ないですし、国民健康保険も傷病手当金や付加給付がありません。社会保険が手薄な自営業であれば、3%〜5%では収まらないかもしれません。

一方、大企業の社員であれば、厚生年金ですし、健康保険も付加給付など充実している傾向があります。社会保険料は収入の15%ほどになり、保険料はけっこう払っていますので、民間保険をかけ過ぎないようにすることが大切です。

また、社会保険だけでなく、保険料は家族構成や年収によっても異なります。掛け捨てなのか解約返戻金があるのかによっても保険料は変わります。昨今、予定利率が低いため、解約返戻金のあるタイプの魅力は下がっていますが、掛け捨ての保険が嫌いという人もいます。

保険料は低い方が良いですが、社会保険の保障内容はもちろん、各自置かれている状況や家族構成、年収、価値観などによっても異なりますので、保障内容と保険料のバランスを考えて、自分にあった保障を確保できると良いでしょう。

YOICHIRO NOMURA

YOICHIRO NOMURA

ファイナンシャルプランナー(CFP®)  外資系保険会社を経て、2009年からファイナンシャルプランナーとして活動する。ファイナンシャルプランニングの経験は12年超、1,000件以上の面談経験を持つ。 生命保険、資産形成、住宅購入、相続や贈与の相談を得意とする。

FP相談(無料)はこちら

Qaitoについて

保険って必要? 何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

保険に関してはいろいろな情報が飛び交っていますが、やや教科書的な情報や、特定の目線からの極端な情報が多いように思います。
保険はその人その人のライフプランニング全体にも関わるため、こうした情報だけで判断するのはやや危険です。
Qaito(カイト)では、ファイナンシャルプランニングと保険の実務経験を踏まえた上での情報を、できる限りその人その人ごとの情報を届けていきたい思うのと、かつ、知りたいことがピンポイントで分かるように、QA形式で情報を提供したいと思います。

保険の疑問・質問を受け付けます

実務経験豊富なFPがあなたの保険の疑問・質問にお答えします。

  • ※ご質問内容によっては回答できない場合があります。ご了承ください。
  • ※ご質問いただいた内容と回答をWebに掲載させていただくことがあります。
お名前
メールアドレス
性別
年齢
ご質問内容

FP相談のご案内

ライフププランニングを行って将来を可視化し、解決方法を一緒に考えます。

担当
野村羊一郎(CFP®認定者)
相談方式
オンライン、対面(溜池山王)※都度お選び頂けます。
相談料金
無料(2020年12月迄)
相談時間
2時間まで
曜日
平日、土曜日
相談回数
上限なし(通常3回程)
開始時間
9時〜18時
持参いただく物
ねんきん定期便、保険証券、源泉徴収票(確定申告書)、住宅ローン償還表など。相談内容に応じてご準備頂くものが異なります。

ご希望の方は以下からお申し込みください。

ご相談内容
場所
お名前
メールアドレス
ご相談内容