保険って必要?何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

QaitoQaito
Q

日額10000円、60日型、60歳払込という終身医療保険に10年前から加入しています。見直しした方が良いでしょうか?

A
見直しをお勧めします。
詳しく解説します

この手のタイプの医療保険には3つ課題があります。

1短期払い込み終身

民間の医療保険は保障内容が古くなりやすい保険商品の一つです。
医療政策と医療技術に変化によって新しい商品が次々に出てきています。60歳まで払って終身保障ということはこの保険と一生涯付き合うというスタンスになります。過去の医療保険が現在あまり役に立たないように、今入っている保険が将来役に立つか疑問です。
また、60歳まで払い込む分、保険料も高くなります。この手のタイプは保険料を払い込むことが目的になってしまう可能性もあります。もし加入するなら終身払いタイプの方がまだ良いでしょう。医療政策や医療技術の変化に応じて見直しやすいからです。

2日額タイプ

1日10000円などの日額タイプの医療保険は、入院すればする程、多くの給付金を受け取ることができます。一方で国の医療費削減のために入院日数は短期化しており、今は通院がメインになっています。日額タイプの医療保険は国の医療政策とミスマッチが起きています。
また、一部を除き保険商品はインフレに弱いという側面があります。今の10,000円は将来の10,000円と同じ価値ではありません。基本的に物価は上昇していきますので、額面固定の保険商品を長く持つのはお勧めできません。日本銀行も物価2%を目標に金融政策を行っています。物価上昇が1%でも続くならば、30年後は13,500円くらいなっていないと今の10,000円と釣り合いません。言い換えると1%の物価上昇が続くと今の10,000円は30年後に7,400円くらいの価値になります。

360日型

日額タイプは長く入院すれば給付を多く受けることができますが、60型だと仮に70日入院しても60日分しか給付を受ける事ができません。
また、180日ルールがあります。60日以上入院しても次の給付を受けるに180日開けないといけません。保険料はその分上がりますが、長期入院や長期にわたって入退院を繰り返すなら365型、730日型の方が役に立つと思われます。入院で本当に困るのは長期化した場合です。長期化するケースはまれで、重症な精神疾患をはじめ、神経系疾患、脳血管疾患などが該当します。本当に困るリスクに備えるのが保険の在り方です。そうでなければ健康保険制度もあるので、手持ち資金で対応する方が合理的とも言えるのではないでしょうか。

まとめ

以上のように、医療保険には幾つか課題があります。民間の医療保険に加入する際は、公的保険である健康保険制度をよく理解し、自己資金の有無も含めて、必要性があるかどうか検討してみてください。加入するなら新しく役に立つものを選びましょう。医療保険は、保障内容が古くなる可能性があるので、都度見直しをして、いつかは医療保険を卒業しましょう。必要なのは医療保険ではなく医療費をまかなえるお金です。

YOICHIRO NOMURA

YOICHIRO NOMURA

ファイナンシャルプランナー(CFP®)  外資系保険会社を経て、2009年からファイナンシャルプランナーとして活動する。ファイナンシャルプランニングの経験は12年超、1,000件以上の面談経験を持つ。 生命保険、資産形成、住宅購入、相続や贈与の相談を得意とする。

FP相談(無料)はこちら

Qaitoについて

保険って必要? 何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

保険に関してはいろいろな情報が飛び交っていますが、やや教科書的な情報や、特定の目線からの極端な情報が多いように思います。
保険はその人その人のライフプランニング全体にも関わるため、こうした情報だけで判断するのはやや危険です。
Qaito(カイト)では、ファイナンシャルプランニングと保険の実務経験を踏まえた上での情報を、できる限りその人その人ごとの情報を届けていきたい思うのと、かつ、知りたいことがピンポイントで分かるように、QA形式で情報を提供したいと思います。

保険の疑問・質問を受け付けます

実務経験豊富なFPがあなたの保険の疑問・質問にお答えします。

  • ※ご質問内容によっては回答できない場合があります。ご了承ください。
  • ※ご質問いただいた内容と回答をWebに掲載させていただくことがあります。
お名前
メールアドレス
性別
年齢
ご質問内容

FP相談のご案内

ライフププランニングを行って将来を可視化し、解決方法を一緒に考えます。

担当
野村羊一郎(CFP®認定者)
相談方式
オンライン、対面(溜池山王)※都度お選び頂けます。
相談料金
無料(2020年12月迄)
相談時間
2時間まで
曜日
平日、土曜日
相談回数
上限なし(通常3回程)
開始時間
9時〜18時
持参いただく物
ねんきん定期便、保険証券、源泉徴収票(確定申告書)、住宅ローン償還表など。相談内容に応じてご準備頂くものが異なります。

ご希望の方は以下からお申し込みください。

ご相談内容
場所
お名前
メールアドレス
ご相談内容