保険って必要?何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

QaitoQaito

Colmun

良くないセールスを見分けるポイント

保険セールスは、「保険料×手数料率×件数」で収入や売上が決まります。そのため、必要以上に保険料を高くしたり、手数料率が高い商品や手数料率が高くなるような入り方で提案したり、社会保障があるのに必要性の低い保険を販売する傾向があります。
以前よりも情報収集をしやすくなりましたが、売り手と買い手には情報の非対称性があり、売り手主導で保険販売が行われているように感じます。
本コラムでは保険選びで失敗しないように、セールスを見分けるポイントを整理してみました。

ポイント1

社会保険(遺族年金、障害年金、老齢年金等)や健康保険(高額療養費、付加給付など)の知識が乏しい人、職場の福利厚生を確認しない人。
民間保険は社会保障を補完する役割です。会社員であれば社会保険料を年収の15%位払っていますので、それを活かさない手はありません。社会保険をふまえて合理的に民間保険を掛ける必要があります。
必要性の低い保険の代表格が医療保険です。健康保険制度があるので自己負担が3割から1割で済み、医療費が高くなっても高額療養費もあります。健康保険組合によっては、傷病手当金があり自己負担がより少なくなります。病気が重度化、長期化しない限りは、預貯金などの自己負担で十分カバーできるはずです。
また、所属先の弔慰金、退職金制度、職場で契約できる団体保険や団体医療保険も確認すべきです。保険料が安価な団体医療保険を活用せず、一般的な医療保険を加入している場合もあります。

ポイント2

民間保険のデメリットである、インフレに弱い、内容が陳腐化しやすいことを説明しない人。お金の現在価値と将来価値は異なります。一部を除き、ほとんどの保険商品は額面が固定されるので、物価上昇に対応できません。内容も入った時の約款で決まりますので、その保障内容で将来の変化に対応できるかは分かりません。医療制度や医療技術は都度変化していきます。

ポイント3

保険以外を扱えない人。
保険商品しか取扱いがなければ、保障も貯蓄も何でも保険で提案しようとします。保険商品にはメリットだけでなく、デメリットやリスクもあるため、ライフプランの課題を保険だけで解決しようとすると無駄も多くなります。

ポイント4

教育資金も老後資金も何でも保険で解決しようとする人。投信と比較せず、貯蓄性保険の優位性を強調する人。
貯蓄性保険とは、変額保険やドル建て保険、円建て終身保険、個人年金、学資保険など貯蓄や資産形成となる保険です。多くの保険商品は費用が多く、死亡保障もあるため資産形成としては効率が良くありません。資産形成を優先にするならば、税制メリットのあるNISA制度やiDeCo(DC)を通じて投信を活用した方が良いでしょう。もちろん、死亡保障や相続対策を優先に考えるならば貯蓄性保険も有効です。

ポイント5

貯蓄性保険を高額な保険料で提示してくる人。
セールスは、「保険料×手数料率」で収入が決まるため、手数料目的に、高額な保険料で提案してくることがあります。預貯金や資産運用とのバランスや支払いの継続性を考慮せずに、保険料を高めに設定する人は顧客利益を優先にしていない可能性があります。最初から払い済みを前提で保険料を高めに提案してくる人も同様です。

ポイント6

将来的な支払いの心配やケアをしない人。多くのセールスは販売手数料を初年度に多く受け取り、次年度から少なくなり4年から8年ほどで手数料がなくなるという体系になっています。長く払ってもらっても収入には関係がないので、払い続けられるか気にしない傾向があるようです。また、手数料率を上げる提案になりがちです。例えば、終身保険は3年、5年といった短期払いよりも20年、30年など支払期間を長くすると手数料率がその分上がります。コミッションセールスのため、利益相反が起きやすくなります。

YOICHIRO NOMURA

YOICHIRO NOMURA

ファイナンシャルプランナー(CFP®)  外資系保険会社を経て、2009年からファイナンシャルプランナーとして活動する。ファイナンシャルプランニングの経験は12年超、1,000件以上の面談経験を持つ。 生命保険、資産形成、住宅購入、相続や贈与の相談を得意とする。

FP相談(無料)はこちら

Qaitoについて

保険って必要? 何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

保険に関してはいろいろな情報が飛び交っていますが、やや教科書的な情報や、特定の目線からの極端な情報が多いように思います。
保険はその人その人のライフプランニング全体にも関わるため、こうした情報だけで判断するのはやや危険です。
Qaito(カイト)では、ファイナンシャルプランニングと保険の実務経験を踏まえた上での情報を、できる限りその人その人ごとの情報を届けていきたい思うのと、かつ、知りたいことがピンポイントで分かるように、QA形式で情報を提供したいと思います。

保険の疑問・質問を受け付けます

実務経験豊富なFPがあなたの保険の疑問・質問にお答えします。

  • ※ご質問内容によっては回答できない場合があります。ご了承ください。
  • ※ご質問いただいた内容と回答をWebに掲載させていただくことがあります。
お名前
メールアドレス
性別
年齢
ご質問内容

FP相談のご案内

ライフププランニングを行って将来を可視化し、解決方法を一緒に考えます。

担当
野村羊一郎(CFP®認定者)
相談方式
オンライン、対面(溜池山王)※都度お選び頂けます。
相談料金
無料(2020年12月迄)
相談時間
2時間まで
曜日
平日、土曜日
相談回数
上限なし(通常3回程)
開始時間
9時〜18時
持参いただく物
ねんきん定期便、保険証券、源泉徴収票(確定申告書)、住宅ローン償還表など。相談内容に応じてご準備頂くものが異なります。

ご希望の方は以下からお申し込みください。

ご相談内容
場所
お名前
メールアドレス
ご相談内容