保険って必要?何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

QaitoQaito

Colmun

標準治療のメリット・デメリット

標準治療とは

現時点でもっとも効果があると科学的に検証されている治療法のことです。最初に提案され、検討すべき治療です。
治療による医療格差や地域格差がないようできており、がんの種類によって、学会などによって作成された標準治療がガイドライン(診療指針)と共に、書籍やインターネットなどでも公開されています。
がんの標準治療は、手術による外科治療、X線などの放射線治療、抗がん剤などの化学療法が三大治療と言われています。これらの治療を1だけでなく、状況に応じて複数組み合わせて治療することが多くなっています。

標準治療のメリット

標準治療のメリットは以下の通りです。

  • 健康保険が利くため費用負担も抑えられる
  • 診療ガイドラインで治療方法が決まっている
  • 効果があることが実証されている

標準治療のデメリット

一方、デメリットもあります。

  • 手術 → 切除による見た目の変化、機能障害、だるさ等 例)人工肛門
  • 抗がん剤 → 体力低下 副作用(吐き気、手足のしびれなど)
  • 放射線 → 副作用(下痢、吐き気)

QOL(Quality Of Life)や仕事、収入に影響を及ぼすこともあります。治療方法によっては、生活に不便さが生じたり、就労を妨げたり、離職してしまうケースがあります。

先進医療や自由診療はまず提案されない

先進医療や自由診療はがん治療の診療ガイドラインに入っていないため、まず提案されることはありません。がんと診断されたら診療ガイドラインで治療法が決まっている標準治療で行うのが一般的だからです。

医師の立場も考える

健康保険が利くため経済的な負担も抑えられますが、医師から提案されたからといって標準治療が自分にとってベストな選択肢とは限りません。日本は外科が強く、QOLを考えずに外科手術で対処する医師も未だにいるようです。
がん治療は病院経営上、メリットも多く、出世にも影響があるため、他の病院に患者を逃すわけには行きません。

様々な選択肢を持つために経済的な備えを

生活の質、仕事の面も考えると標準治療以外の選択肢も検討した方が良い場合があります。そのためにも治療を受けたい時にお金がなく受けられないことがないように経済的な余裕を持っておきたいものです。
現預金といった予備資金だけでなく、がん保険や三大疾病保険の活用も検討すると良いでしょう。

まとめ

標準治療とは、現時点でも効果があると科学的に検証されている治療法のことです。健康保険が利くため患者負担が少ないというメリットがあります。
ただ、手術による見た目の変化や機能障害、放射線や抗がん剤による副作用が出る場合があります。

YOICHIRO NOMURA

YOICHIRO NOMURA

ファイナンシャルプランナー(CFP®)  外資系保険会社を経て、2009年からファイナンシャルプランナーとして活動する。ファイナンシャルプランニングの経験は12年超、1,000件以上の面談経験を持つ。 生命保険、資産形成、住宅購入、相続や贈与の相談を得意とする。

FP相談(無料)はこちら

Qaitoについて

保険って必要? 何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

保険に関してはいろいろな情報が飛び交っていますが、やや教科書的な情報や、特定の目線からの極端な情報が多いように思います。
保険はその人その人のライフプランニング全体にも関わるため、こうした情報だけで判断するのはやや危険です。
Qaito(カイト)では、ファイナンシャルプランニングと保険の実務経験を踏まえた上での情報を、できる限りその人その人ごとの情報を届けていきたい思うのと、かつ、知りたいことがピンポイントで分かるように、QA形式で情報を提供したいと思います。

保険の疑問・質問を受け付けます

実務経験豊富なFPがあなたの保険の疑問・質問にお答えします。

  • ※ご質問内容によっては回答できない場合があります。ご了承ください。
  • ※ご質問いただいた内容と回答をWebに掲載させていただくことがあります。
お名前
メールアドレス
性別
年齢
ご質問内容

FP相談のご案内

ライフププランニングを行って将来を可視化し、解決方法を一緒に考えます。

担当
野村羊一郎(CFP®認定者)
相談方式
オンライン、対面(溜池山王)※都度お選び頂けます。
相談料金
無料(2020年12月迄)
相談時間
2時間まで
曜日
平日、土曜日
相談回数
上限なし(通常3回程)
開始時間
9時〜18時
持参いただく物
ねんきん定期便、保険証券、源泉徴収票(確定申告書)、住宅ローン償還表など。相談内容に応じてご準備頂くものが異なります。

ご希望の方は以下からお申し込みください。

ご相談内容
場所
お名前
メールアドレス
ご相談内容