保険って必要?何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

QaitoQaito
Q

生命保険料控除は全て使った方が良いでしょうか。

A
無理に使い切るものではありません。必要性と投資対効果を考えて、活用を見極めましょう。
詳しく解説します

社会生活している以上、税金から逃れることはできませんので、税金を減らせるならそれに越したことはありません。

生命保険料控除には、生命保険、医療・介護、個人年金と3つの控除枠があります。

1つの控除枠を使った場合、年収700万円の人であれば、所得税と住民税を合わせて年1万円くらいの節税効果があります。

保険に入ると税軽減効果があるので、保険販売の現場で保険料控除を使いましょう、といった提案がされるようです。

税制メリットがあったとしても、必要性が低いもの、投資対効果が良くないのに保険料控除枠を無理に埋める必要はありません。

必要性が低いものの代表格が医療保険です。医療保険料控除があるからといって必ずしも加入すべき保険ではりません。

健康保険制度や会社の制度を把握し、不足分を預貯金等の自家保険で補うのが合理的です。

次に、投資対効果が良くないのが個人年金です。

金利が低い円建ては論外として、最近では米ドルや豪ドル建ての個人年金保険も良く出ているようです。

中身は開示されていませんが、公社債が中心となります。

債券は安定的な運用ができますが、昨今金利は低く投資対象としては魅力がありません。

外貨建てであれば為替の影響を受けやすく、為替でプラスが吸収されてしまうこともあります。

また、金融商品としてはコストがかかりすぎているので、加入後しばらくはマイナスというのもネックです。

個人年金よりも優先したいのは投資信託です。なぜならば、株式の成長力を活かせるからです。

所得控除はありませんが、つみたてNISAやNISAを活用すれば、運用益が非課税にもなり、個人年金保険より遥かに資産形成に有利です。もちろん正しい投資方法で行うことが前提ではあります。

控除枠を使い切るのではなく、必要性と投資対効果を考えて、控除枠をどこまで使うか判断してください。

YOICHIRO NOMURA

YOICHIRO NOMURA

ファイナンシャルプランナー(CFP®)  外資系保険会社を経て、2009年からファイナンシャルプランナーとして活動する。ファイナンシャルプランニングの経験は12年超、1,000件以上の面談経験を持つ。 生命保険、資産形成、住宅購入、相続や贈与の相談を得意とする。

FP相談(無料)はこちら

Qaitoについて

保険って必要? 何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

保険に関してはいろいろな情報が飛び交っていますが、やや教科書的な情報や、特定の目線からの極端な情報が多いように思います。
保険はその人その人のライフプランニング全体にも関わるため、こうした情報だけで判断するのはやや危険です。
Qaito(カイト)では、ファイナンシャルプランニングと保険の実務経験を踏まえた上での情報を、できる限りその人その人ごとの情報を届けていきたい思うのと、かつ、知りたいことがピンポイントで分かるように、QA形式で情報を提供したいと思います。

保険の疑問・質問を受け付けます

実務経験豊富なFPがあなたの保険の疑問・質問にお答えします。

  • ※ご質問内容によっては回答できない場合があります。ご了承ください。
  • ※ご質問いただいた内容と回答をWebに掲載させていただくことがあります。
お名前
メールアドレス
性別
年齢
ご質問内容

FP相談のご案内

ライフププランニングを行って将来を可視化し、解決方法を一緒に考えます。

担当
野村羊一郎(CFP®認定者)
相談方式
オンライン、対面(溜池山王)※都度お選び頂けます。
相談料金
無料(2020年12月迄)
相談時間
2時間まで
曜日
平日、土曜日
相談回数
上限なし(通常3回程)
開始時間
9時〜18時
持参いただく物
ねんきん定期便、保険証券、源泉徴収票(確定申告書)、住宅ローン償還表など。相談内容に応じてご準備頂くものが異なります。

ご希望の方は以下からお申し込みください。

ご相談内容
場所
お名前
メールアドレス
ご相談内容