保険って必要?何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

QaitoQaito
Q

がん団信50%とがん団信100%どちらが良いでしょうか?

A
実際にがんに罹るとがん団信50%と100%では手取りに差が出ます。がんになった後、どの位の負担感が出るのかで判断すると良いと思います。
詳しく解説します

がん団信50%はがんに罹患したら、住宅ローンの債務が半分なくなり、がん団信100%は住宅ローンの債務が全てなくなるというものです。数字だけで見ると分かりにくいので、がんになったと仮定して、手取りがどう変化するかみてみたいと思います。

ケース

借入額:4000万円(借入期間35年/元利均等) 変動金利:0.41%

月々の支払い

がん団信50%:0.41% → 102,251円
がん団信100%:0.61%(+0.2%) → 105,790円

会社員で仕事を休み、傷病手当金を受け取ったとします。

給料45万円(年収540万円)だと傷病手当金は月30万円(給料の2/3水準)になります。がん罹患前と100%と50%の手取りを比較してみると

がん罹患前

45万円 − 10.2万円(住宅ローン)− 6.75万円(社会保険料15%)− 3.6万円(所得税・住民税)= 24.45万円

がん団信100%

30万円 − 0万円(住宅ローン)− 6.75(社会保険料)− 2.2万円(住民税)= 21.05万円(−3.4万円)

がん団信50%

30万円 − 5.1万円(住宅ローン)− 6.75%(社会保険料)− 2.2万円(住民税)= 15.95万円(8.5万円)

100%よりも50%の方が手取りは少なくなります。傷病手当金を受給できても罹患前の2/3水準です。収入も下がり、住宅ローンの支払いもあれば、負担感は大きくなります。また、がんになると雑費や治療費もかさむので家計により影響が出やすくなります。

上記より、一人で何とかしないといけない単身者、教育費に影響が出やすい子育てファミリー、傷病手当金のない自営業者は、金利上乗せしても、がん団信100%の方がお勧めです。実際にがんになったら助かるからです。

一方、子どもがいない共稼ぎ家族の場合、相手がカバーしてくれるのならがん団信50%でも良いかもしれません。

YOICHIRO NOMURA

YOICHIRO NOMURA

ファイナンシャルプランナー(CFP®)  外資系保険会社を経て、2009年からファイナンシャルプランナーとして活動する。ファイナンシャルプランニングの経験は12年超、1,000件以上の面談経験を持つ。 生命保険、資産形成、住宅購入、相続や贈与の相談を得意とする。

FP相談(無料)はこちら

Qaitoについて

保険って必要? 何を選べばいい? 実務のプロがQA形式で回答

保険に関してはいろいろな情報が飛び交っていますが、やや教科書的な情報や、特定の目線からの極端な情報が多いように思います。
保険はその人その人のライフプランニング全体にも関わるため、こうした情報だけで判断するのはやや危険です。
Qaito(カイト)では、ファイナンシャルプランニングと保険の実務経験を踏まえた上での情報を、できる限りその人その人ごとの情報を届けていきたい思うのと、かつ、知りたいことがピンポイントで分かるように、QA形式で情報を提供したいと思います。

保険の疑問・質問を受け付けます

実務経験豊富なFPがあなたの保険の疑問・質問にお答えします。

  • ※ご質問内容によっては回答できない場合があります。ご了承ください。
  • ※ご質問いただいた内容と回答をWebに掲載させていただくことがあります。
お名前
メールアドレス
性別
年齢
ご質問内容

FP相談のご案内

ライフププランニングを行って将来を可視化し、解決方法を一緒に考えます。

担当
野村羊一郎(CFP®認定者)
相談方式
オンライン、対面(溜池山王)※都度お選び頂けます。
相談料金
無料(2020年12月迄)
相談時間
2時間まで
曜日
平日、土曜日
相談回数
上限なし(通常3回程)
開始時間
9時〜18時
持参いただく物
ねんきん定期便、保険証券、源泉徴収票(確定申告書)、住宅ローン償還表など。相談内容に応じてご準備頂くものが異なります。

ご希望の方は以下からお申し込みください。

ご相談内容
場所
お名前
メールアドレス
ご相談内容